【仮面ライダー響鬼】響鬼に理想の最終回を!

●スポンサーリンク


もうちょっと詳しくご説明しなければ、あまりに不親切と思いましたので、再び書きます。
たのみこむ」に下のテーマを発案しました。

たのみこむ 「仮面ライダー響鬼に理想の最終回を!」

以下の文章、たのみこむの文章を読んでいただいた後で、見ていただけるとありがたいです。


文章読んで、「あなたの書く記事ってどちらかって言うと、 新路線賛成だったじゃん?」と思われる人もおられるでしょうが・・・
はい(^^)
白倉さん
のブログの文章読んで、 衝撃的で、ちょっと考え変わりました。

まあ、ぶっちゃけて言うと、響鬼の「完全新生」 みたいな新しいモノは今後も続けて欲しいということです。

新路線、かなり受けているそうで。
このままだと、今後作られる特撮作品が保守路線ばかりになってしまうような気が・・・
それには耐えられないんですー!
そーいうのはウルトラだけで結構!
(あ、 別にマックスを批判しているわけではないですよ(^^))

で、断固、響鬼の「完全新生」 路線を支持する意見を集めようと思ったわけです。
支持者を多く一箇所に集まれば、それだけ会社側へのアピールになりますからね!

最終4話だけというのは、 現実的なスケジュールとか相手のメンツを考えてのことで。
最後をみとらせる」というのも大義名分になるんではないかと。

とにかく最終4話、一番の締め所に、脚本でも監修でもなんでもいいから、 高寺さんたち旧スタッフに作品の現場に入って欲しい、というのが率直な気持ちです。

あと、DVDを買う! と確約する人だけ、というのは結構重要なところで、
会社ってけっこう目先の利益に弱いので、もし高寺さんたちが現場復帰することで、「こんだけ儲かる!
(もしくは赤字回収かな(爆))」という物を(目安でも)示せれば、 もしかして動くかな・・・というモクロミがありまして。
もし10000の意見が集まれば
(そんだけ集まったらすごすぎですけど・・・) 、売上5800万ですからね。話数2?3本の制作費分くらいにはなるのでは。

てゆーわけで、非常的に個人的な主張で、 希望的観測による発案なんですが、もしご賛同いただける!という人がおられるなら、 うちのブログはどーでもいいので、ぜひ「たのみこむ」 の方に一票お願いいたします(ID取るのがメンドくさいですけどね・・・そこを何とか)
できれば、 DVD絶対買います! と一言つけていただけるとより効果的かと。

同じ話題を2コも続けて、すみませんでした。
次回からは通常のパターンに戻りますので(^^)
よろしくお願いいたします!

(追記 2005/9/18)
この件専用のメールアドレスを作りました。
コメントに書きにくいが、何かご意見があるとかいう場合は、こちらに送っていただけるとありがたいです。
(アドレス) 
tsubasa_enfanceあっとまーくyahoo.co.jp  (アットマークは@に直してください)


●スポンサーリンク

仮面ライダー響鬼 / 最新5件のエントリー

 

Related Posts with Thumbnails

Comments [30]

No.1

こんにちは 初めまして
サンドマンと申します
私的には、先に「これから一カ月内に『響鬼』グッズが○○○○万円売れなければ、SとIを起用するぞ」と事前に告知(恫喝とも言う)頂ければ、DAを100枚位買ったのに、と 忸怩たる思いですが
・・・
TBありがとうございます

No.2

はじめまして!>サンドマンさん
コメントありがとうございます。

お気持ち大変わかります・・・

私もネクサスがああなった時に、もっとグッズ買っとけばよかった・・・と正直すごく後悔しました。

でも、響鬼はまだ何とかなるかもしれません。
「もう時間は残り少ない」のかもしれませんが、それは言い換えれば、まだ時間切れには至っていないということです。

今から、少しでも動けば、もしかして・・・
という気持ちでいるのですが。

よろしければ、ご賛同お願いいたしますm(__)m

No.3

こんにちは。

そうですね。嘆いてばかりいないで、こうやって動き始めることが重要だと思います。
DVDを買うのを確定しておいて、東映を抑えたら……次は大スポンサー・バンダイに対しても、なにかしら動いたほうがいいかもしれませんね……
僕もなにか効果的な策を考えてみたいです。

No.4

先ほど、俺のブログを更新しまして、この記事について取り上げさせていただきました。
リンクも貼らせて頂きました。
微力ではありますが、少しでも多くの人に賛同してもらえるきっかけになればと思っています。

No.5

コメントありがとうございます!>翠さん

>次は大スポンサー・バンダイに対しても、
>なにかしら動いたほうがいいかもしれませんね……

やはりそうですよね・・・バンダイかあ・・・
DVDにの発売元の東映ビデオは
高寺さんを高く評価している(クウガのDVDの好セールスのため)と聞いているので、賛同意見を送るのは効果的だと思っているのですが。
(東映本体との力関係はちょっと?ですけどね。アピール先の一つとしては考えられるということで)

バンダイに効果的なアピール方法って今のところは思いつきません・・・(T T)

>僕もなにか効果的な策を考えてみたいです。
ぜひぜひ!お願いします。
よろしくですー!

No.6

>ルシファーさん

こんばんわ!
記事&リンクありがとうございます!
さっそく見させていただきましたー!!

正直ルシファーさんの思われていたこと、この2・3日の私が考えていたこととそっくりで、驚いてしまいました。

私の場合は白倉さんの例の時限メッセージを読んだのが、きっかけなんですが、他にも同じような思いの人は多いのかもしれないですね。

>微力ではありますが、少しでも多くの人に賛同してもらえるきっかけになればと思っています。

はい。賛同の方も少しづつ増えてきていて、本当にウレシイかぎりです。
これからも自分のできる範囲内のことはやっていくつもりでいるので、よろしくお願いします?!

No.7

TBありがとうございます。
何をもって「理想」というかは個々の価値観によりますけど、ちゃんと高寺P、大石氏・きだ氏に書き上げて欲しいというのはあります。
DVDは間違いなく全巻買いますよ。(でも2巻の映像特典にまだ出演者のインタビューが入らないっていうのは・・・)
たのみこむは以前にも利用したことあるんで賛同させていただきます。

No.8

具体的に動き出してる姿に心を動かされました。私も賛同させて頂きます。
自分ができる事を少しずつでいいからやっていきたいです。そしてこの願いが叶う事を信じたいです。

No.9

コメントありがとうございます!>nationwiseさん

>ちゃんと高寺P、大石氏・きだ氏に書き上げて欲しいというのはあります。

私も同感です。
このお三方+設定の片岡さん達に最終回のシナリオでも原案でもいいから参加していただきたいと思います。
私的には、今のスタッフに取って代われとは言いません。
何とか共同して作っていただけないかな・・・と思っているのですが。

>たのみこむは以前にも利用したことあるんで賛同させていただきます。

ありがとうございます!
今後ともご協力おねがいいたします。

No.10

いらっしゃいませ!>不二乃さん
コメントありがとうございます。

>私も賛同させて頂きます。
>自分ができる事を少しずつでいいからやっていきたいです
ありがとうございます!大変心強いです!

みんなの願いが少しでもかなうように、がんばっていきましょう!
今後ともよろしくですー(^^)

No.11

TB本当にありがとうございました。
ツバサさんの想いに胸が熱くなりました。

No.12

いらっしゃいませ!>ぷうまさん

ありがとうございますー!(なんかちょっとこそばゆいですけど(^^))

とりあえず、できる限りのことはしようと思っていますので、賛同の方よろしくお願いいたします!

No.13

TBありがとうございました。
今度の事は、響鬼のことだけに限らず、スーパーヒーロータイム、ひいては子ども番組全体の生命線に関わる問題です。
頑張って下さいね。応援しています。

No.14

こんばんわ!>猫屋敷さん
コメントありがとうございます。

そうですね。
確かに、私がSプロデューサーの例のメッセージを読んだときも、似たようなことを考えました。
響鬼うんぬんだけじゃなくて、今後作られるモノに影響があるような気がしたんですね。
危惧といいますか・・・
もしかして、響鬼だけの問題だと感じていたら、動いてはいないような気がします。

>頑張って下さいね。応援しています。
はい。まあできるだけのことはやらせていただきます!(^^)

No.15

いろんな場所で、今回のことが話題になっています。
とにもかくにも、あの世界観を作り上げた方々の手でラストを締めくくってもらいたい。
同じ「志」を持って番組をスタートさせた人たちの手で、その思いを最後には貫いて欲しい。
まだ、最終回に間に合うのなら…。
お願いします!

No.16

こんばんわ!>田中 学さん

>スタートさせた人たちの手で、その思いを最後には貫いて欲しい。

ホント同感です・・・

できるだけ、いろいろやってみます(^^)
ご賛同の方よろしくお願いします!

No.17

はじめまして。
二児の母です。
明日夢くんの成長物語として、そして若い鬼たちの青春群像として、とても大好きだった響鬼が近頃変だな??と感じてました。
そして、9・18。
びっくりしました。

轟鬼君、あの体育会系バリバリのあの轟鬼くんがあんな出すぎた発言しないですよね?
もと警察なのに、帯刀の許可がないのに武器を持ち出すなんて!!!!!

ありえない!!!!

もう、これはおかしい!!と、感じました。

実は、本日が子供の保育園仲間と映画を見に行く約束してたので行ってきたのですが、やはり疑問符の連続。

まあ、映画だから・・・と、思うことにして。

でも、近頃おかしいことをママ友達に話したら、やはりみんな感じてました。

轟鬼くんはザンキさんから独立するにしても、あんな先輩、上司を無視してはない!!!と。

あまりのことに、ネット検索して、拝見して納得しました。

絶対前までの方がいいです。

子供のためにもいい作品に完成してほしいので、DVDかいます!!!!

長い書き込み、失礼しました。

No.18

はじめまして!>tomekiti
コメントありがとうございますー。

実は忙しくて、まだ今日の放映回は見てない(T T)んですが、今回のトドロキくんの件はネットで見て、ちょっと心配になってます。

響鬼の大きな魅力の一つにキャラクターがみんな”立っている”というのがあると思うんですよ。

私なんか”鬼の忘年会”という単語一つで、あのキャラがこーなって、あれがこーからんで、くんずほづれつで・・・(爆)なんて、変な妄想がいくらでもわいてくるくらいですから(前に他の記事でちらっと書きましたけど。ちなみに801ではないです(爆))

でも私だけじゃなくて、某掲示板でも鬼の忘年会スレッドが立っているくらいですから、やっぱキャラが魅力的なんですね。
勝手に動いちゃうっていうのかなあ。

そのぶん、このキャラはこんなこと言わない!って感じは私も多分持つと思います。

今の製作陣にもがんばってもらいたいんですけど、そこまでのレベルを求めるのは酷なんでしょうか。

>子供のためにもいい作品に完成してほしいので、DVDかいます!!!!

ありがとうございます!
ご賛同の方よろしくお願いいたします?

No.19

こんにちは。
リンク貼らせていただきました。
少しずつでもいいから、こういった声がスポンサー&制作サイドに届けばいいですね。
今後のスーパーヒーローモノの為にも・・・・・。

No.20

こんばんわ!>のほほんさん
コメントありがとうございますー!。

>リンク貼らせていただきました。
ありがとうございます!
さっそくページの方よらせていただきます。

>今後のスーパーヒーローモノの為にも・・・・・。
はい。
やはり新しいモノが作られる、そういう市場になってほしいですからねえ・・・
ネクサスや響鬼を見てしまいましたから、もう今までのものだけでは満足できない自分がいたりして・・・(^^)

声が届くようにがんばんなきゃ!ですね。

No.21

はじめまして。
遅まきですが、リンクをはらせていただきました。
少しでも多くの声が集まるといいですね。

No.22

はじめまして!>さるたこっちさん
TB&コメントありがとうございます。

記事の方読ませていただいて、大変心強く思っております。
リンク感謝いたします!

>少しでも多くの声が集まるといいですね。
ホントですね!
少しでも前に進んでいけるように、いろいろ模索していますんで、今後ともご支援よろしくお願いします(^^)

No.23

視聴率(クオリティ)は二の次、営業実績があくまで生命線なのが商業番組の宿命(逆を言えば営業さえ充実していれば『太陽の牙ダグラム』や『装甲騎兵ボトムズ』のような現在の企画ラインでも実現しにくいような先鋭的な内容も難なくできたりするわけで)。
署名支持はやまやまですが制作の自由を司るのは売上以外にありません。無念ですが既に決着はついているのでしょう…。

旅に行かない水戸黄門や主役と対決しない悪人が存在できない矛盾を突くかのように、かつて井上&白倉コンビは『超光戦士シャンゼリオン』でキャラが理想及び反理想を強く背負う事で物語上の“目的”に沿う記号的存在にスポイルされる宿命から極力放して自由に遊ばせた手法は児童層ウケに繋がる力学とも一致します。
『ドラえもん』や『ど根性ガエル』『クレヨンしんちゃん』など、大局的テーマ(=子供は理解しにくい)よりも個別の現象(=子供が理解しやすい)を重視したシチュエーションコメディでは男性キャラたちは必ず率直にダメな部分があり、それに負う事で作劇の骨子を築くのが定石です。故に出来杉くんやドラミちゃんはあくまで“目的”遂行のためのリリーフ役で主役の器ではありません。
今回みどりさんの言葉で強さと孤独の不可分を指摘し、ヒビキの“出来た理想の大人”像をさりげなく解体した事こそ本来の需要に対する回答と解せるのです。
やはり、私達はもとより客たりえなかったのでしょう。

大変なのはそうした理想的ヒーロー像を子供以上に“私達”の側が求めていたということでしょう。現制作陣の方針がそうした“崇拝”の放棄に繋がろうとも、相応に“娯楽”は残るとは思ってます。無理して肯定するのではなく、あくまで多角的な視点で楽しみを見出すつもりで。
神(響鬼)は死んだのなら、理想は己自身に問うまでです。せめて初心の頃の、鍛える心を受け継いで。

No.24

はじめまして!>漂太朗さん
お返事おそくなってすみません(ようやく34話見ましたので・・・(^^))

>大局的テーマ(=子供は理解しにくい)よりも個別の現象(=子供が理解しやすい)を重視した
>シチュエーションコメディでは男性キャラたちは必ず率直にダメな部分があり、
>それに負う事で作劇の骨子を築くのが定石です。

ここのところ大変興味深く思いました。
まさに今週のトドロキくんなんて、わかりやすいギャグキャラの典型になってましたね。
この大局的(=子供は理解しにくい)から個別的(=わかりやすさ)というのが今回の路線変更の主眼なんでしょうね。
私個人的には、映画的(象徴的・省略的)からTV的(具象的・即物的)への転換とも思っていますけど・・・

>今回みどりさんの言葉で強さと孤独の不可分を指摘し、ヒビキの“出来た理想の大人”像をさりげなく解体した事こそ
>本来の需要に対する回答と解せるのです。

ヒビキさんの内面に言及したあのシーン。
確かにそれまでの路線の否定とも取れますが、私には井上氏からの新たな問いかけとも見えました。
ヒビキさんというキャラクターをより掘り下げていくという面では、とても面白いシーンに思えたのですけれど・・・

>無理して肯定するのではなく、あくまで多角的な視点で楽しみを見出すつもりで。
はい。大体同感です。
良いところは良い、イヤなところはイヤと素直に見ていきたいなと思っています。

でも好き嫌いは別で、今の響鬼も面白いかっていえば、まあ面白いですけど。
やはり私は「完全新生」な響鬼に強く心引かれるなあ・・・・
死んだとは思いたくないので、まあいろいろやっているわけですが(^^)

興味深いコメントありがとうございました!
またよろしくお願いします?!

No.25

こんにちは。
再びかきこみです。先日子供の保育園なかま宅で食事会をし、13話前後のマジレンジャー&響鬼のビデオ流してたんですよ。(ついでにグランセイザー?(うろおぼえ)も)
母たちは、みんな、こんときの響鬼っていいよね?といってました。(戸田山くん初登場のころ、けっこう頼りがいあってさ???って)
近頃はマジレンジャーのほうが面白いっても。
そして、OPが変わる情報にはみんな残念がってました。
「毎回アレンジ変わるのって、子供は気がついてるよ」って。
なんだかんだ言って、子供たちなめてはいけません。良いものはきちんとわかってますから。ね。

No.26

こんにちわ!>tomekitiさん

コメントありがとうございます!

子供って実はけっこうするどく見てますから。
気が付いているのも当然かもしれませんね。

OPですが、スタッフ表記が横書きになっているのにお気づきになりました?
そういう細かい点とか、無理に変えなくてもいいのに・・・
と思ってしまいました。

わかりやすくするという意図は理解するのですが、
そこまで和の雰囲気を排除しなきゃいけないほど、
このことってそんなにマイナスなことなんでしょうかねえ?

No.27

はじめまして。
子供向けの番組に大人が夢中になるのは興味の無い人には奇妙に見えるかも知れない。テレビの前の親子、又は一部の大人達(大きいお友達)を釘付けにした、これまでの制作者に対しそれなりの評価を与えられても良いはず。しかし民間放送局の宿命的にスポンサーの顔色を伺いながら制作する傾向はこういった子供向けの番組だけとは限らない。日本のTV業界は視聴者不在といえる。韓国ドラマのように視聴者の意見でストーリーが変更されるような作品づくりは無理でも、もう少しなんとかならないかと感じてしまう。

響鬼の一件でも最初の企画段階でスポンサーも参加して内容を承知しているはず…道義的な理由や外部からの糾弾ならともかく、商品が売れなくなったからという理由で制作トップの更迭は「楽しい時を作る企業」としてはひどく大人びていてダーティーな印象は否めない。もっと穏やかな解決方法が有ったであろう。企業イメージとしてそれで良いのだろうか。合併の失敗、商品の在庫管理の甘さ、典型的な2代目経営者(現在は銀行出身の社長)と幹部社員との社内抗争など過去の企業イメージも良好とは言えない。「子供は気付かないから構わない」という理由ならユーザーを馬鹿にした姿勢である。制作側の人事異動で事態が好転するならそれでいいかもしれないが、受け身に甘んじるしかない視聴者(ユーザー)のフラストレーションは、やはり残ったままである。

もうそろそろこういった番組の有り方を考え直さなければいけない時期ではないだろうか。少子化の時代、今までのような商品企画で利益は上がらないことに気付かないと企業の存続そのものが危い。商品を見たところ、子供向けにもかかわらず単価が高くその割には商品のクオリティーが高いとは思えない。企業努力が足りないのは制作サイドよりスポンサーの方であるかもしれないことを自らが早く気付くことを願う。

No.28

はじめまして!>半泥人さん

お返事遅くなりまして、すみません?。

コメント興味深く読ませていただきました。

>これまでの制作者に対しそれなりの評価を与えられても良いはず。

同感です!
問題はあったのかもしれませんが、一定の層(多くのとは言いませんが)、それもこれまでのファン層とは違った人たちをファンに取り込んだということは、もっと認められてもいいのではないかと思います。

ただスポンサー関連については、正直よくわからないんですよね…

常識的に考えて、今回の人事が、スポンサー側の圧力とは思えない気がしてまして。
玩具が売れないということは過去にもいろいろあったわけですけど、今回のようなことにはなってないですし…

個人的には、東映内部の問題と想像しているんですけど。

でも、

>少子化の時代、今までのような商品企画で利益は上がらないことに気付かないと企業の存続そのものが危い。

このご意見には賛同いたします!
玩具が売れないのは玩具の出来のせい、という意見も多く目にします。
例えば、イブキの変身ベルトで遊ぶには、ヒビキのベルトが必要だったりするみたいで。
子供さんがイブキのファンで、買おうとしたんだけど、2つは高くて買えないとかいう人の意見どっかで目にしました。
こんなのは、ちょっとね…
売り方が、あざといかと思います。

たとえば、今子供しかつけられないベルトのサイズをちょっと長めにするだけで、私のような大人の特オタが買ったりすると思うんですけどねえー。
実際、龍騎のトイザラス限定13ライダーカードデッキ付ベルト(大人用)は確か速攻で売り切れたはずですが…
なんで、そんなものを定番として商品化しないのか?
理解に苦しみますです。

あ、ベルトの件は、既に心ある方が、たのみこむに意見をアップしてらっしゃいますので、興味あったらご賛同くださいね。

http://www.tanomi.com/metoo/naiyou.html?kid=53078

No.29

結局、これはどうなったのでしょうか。
何か働きかけをされたのか、賛同した身としては、放置プレイなのが気になります。
いっそのこと、提案を変えて、「ヒビキ2を要望!」などにされてみては?

No.30

はじめまして!>毒虫さん

>何か働きかけをされたのか、賛同した身としては、放置プレイなのが気になります。

一応、運動スタッフ全員で、活動の報告&その他意見などを沿えて、
東映さま等関係者側にお伝えしてはあります(メールという形でですが)
残念ながら、返答はいまだ、いただいてはいませんが・・・

この事など、報告をそのつどやっていないのは私の怠慢ですね。
申し訳ありません。

>提案を変えて、「ヒビキ2を要望!」などにされてみては?

そうですね。
いろいろ考えてはいるのですが・・・
なにか決めたらご報告いたします。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

Track Backs [10]

Track Back URL

「響鬼」の交代劇によせて

仮面ライダーヒビキは、先日放送の第30話より、プロデューサーが高寺さんから白倉さんに変わりました。 「仮面ライダーFIRST」のこととか、「売れていないこと」とか、色々と理由はあるんですけど、その辺は東映の人間ではない僕にとって、真相を知る由もなく、です。 ... 続きを読む

響鬼の理想の最終回とは?

最近の習慣で、いつものとおり仕事上がりの前に、Technoratiで「響鬼」なんて、ブログ検索していたら、「響鬼に理想の最終回を!」という、ちょっと穏やかでないタイトルの投稿を発見。見てみると、響鬼ト...... 続きを読む

希望を明日につなぐ一つの方法

既に別記事に特撮ヒーロー作戦!様からトラックバックを頂いておりますとおり、「たのみこむ」の方に「仮面ライダー響鬼に理想の最終回を!」というテーマが上がっております。詳し 続きを読む

ラストくらいオリジナルスタッフに戻りませんか?

【仮面ライダー響鬼】響鬼に理想の最終回を! たのみこむで ”ラスト4話だけは、オ... 続きを読む

たのみこむ

「特撮ヒーロー作戦!」というブログを運営しているツバサさん(<いつもお世話になっております!)が、「仮面ライダー響鬼」の最終エピソードをせめて本来のスタッフで撮影してもらおうと「たのみこむ」を使って動いておられます。オレも微力ながら何か出来る事はないか... 続きを読む

響鬼、一ファンとして

響鬼。 あらためて今回の問題について 自分なりにどう決着をつけてやろうかと考えていた。 まぁ、もうすこし冷静に、という意見もあるのかも知れないが、 俺会議の結果、俺は至って冷静になるつもりナッシングと結論。 いままでこんなにも惹かれた特撮はないわけ... 続きを読む

其鬼騒動:上げない声は届かない

30話以降の其鬼の件に関しては、数日前に思いの丈を書き込み、あまりに感情的な文章になってしまったので、後日、削除しています。なのに、なぜまた書こうとしているのか・・・諦めの悪さゆえ・・かな? まず、たのみこむを紹介します。以下は、ここに意見を寄せていた... 続きを読む

響鬼プロデューサー交代に関する勝手な雑感

また、また敗れたのか高寺P・・・ 外野としては結局、山中でのロケ頻度や各エピソードに怪人2体+CG製の「ボスキャラ」が用意される 豪華仕様だったりDAだったりから「響鬼」という試みに掛かっていた負担を勘ぐることしか出来ないけれど、 これからの響鬼が変質を余儀な... 続きを読む

『響鬼』とその周辺を1年間観続けた印象〜特撮文化における「恥」と「理性」

書く気のあるうちに『響鬼』を総括する 【その3】 『響鬼』とその周辺を1年間観続けた印象      〜特撮文化における「恥」と「理性」〜 続きを読む

ちょこっと前に

ちょっと前に、響鬼に関してファンドなりなんなりをというのを読み、現実的に それは無理、という話をしたと思うんだが。 現状のオタク的、あるいはオタクとされるものへの風当たりなんてのを 考えると、この方法くらいがもっとも適当というそんな話し。 もちろん... 続きを読む

このページの上部へ

管理人プロフィール

tubasa_profeel.png 管理人のツバサです。
ウルトラマンネクサスの大ファンです。
現在はウルトラマンギンガを応援しつつ、鎧武・トッキュウジャー・牙狼、その他BSCS特撮にVFX映画とあいかわらず見るモノためまくって消化が追いつかない毎日(苦笑)
期待の新作はもちろん夏公開の新ハリウッド『ゴジラ』だー!

ツバサの詳しいプロフィール

moegamecom内検索(google)

スポンサーリンク

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2016年9月 [25]
  2. 2016年8月 [29]
  3. 2016年7月 [33]
  4. 2016年6月 [31]
  5. 2016年5月 [27]
  6. 2016年4月 [35]
  7. 2016年3月 [37]
  8. 2016年2月 [31]
  9. 2016年1月 [34]
  10. 2015年12月 [50]
  11. 2015年11月 [28]
  12. 2015年10月 [28]
  13. 2015年9月 [33]
  14. 2015年8月 [34]
  15. 2015年7月 [35]
  16. 2015年6月 [34]
  17. 2015年5月 [35]
  18. 2015年4月 [31]
  19. 2015年3月 [42]
  20. 2015年2月 [30]
  21. 2015年1月 [43]
  22. 2014年12月 [44]
  23. 2014年11月 [37]
  24. 2014年10月 [28]
  25. 2014年9月 [24]
  26. 2014年8月 [29]
  27. 2014年7月 [35]
  28. 2014年6月 [39]
  29. 2014年5月 [37]
  30. 2014年4月 [30]
  31. 2014年3月 [30]
  32. 2014年2月 [35]
  33. 2014年1月 [35]
  34. 2013年12月 [33]
  35. 2013年11月 [32]
  36. 2013年10月 [35]
  37. 2013年9月 [34]
  38. 2013年8月 [40]
  39. 2013年7月 [53]
  40. 2013年6月 [40]
  41. 2013年5月 [35]
  42. 2013年4月 [47]
  43. 2013年3月 [43]
  44. 2013年2月 [41]
  45. 2013年1月 [43]
  46. 2012年12月 [42]
  47. 2012年11月 [33]
  48. 2012年10月 [31]
  49. 2012年9月 [44]
  50. 2012年8月 [24]
  51. 2012年7月 [44]
  52. 2012年6月 [51]
  53. 2012年5月 [29]
  54. 2012年4月 [17]
  55. 2012年3月 [15]
  56. 2012年2月 [20]
  57. 2012年1月 [22]
  58. 2011年12月 [24]
  59. 2011年11月 [26]
  60. 2011年10月 [24]
  61. 2011年9月 [25]
  62. 2011年8月 [34]
  63. 2011年7月 [33]
  64. 2011年6月 [25]
  65. 2011年5月 [26]
  66. 2011年4月 [23]
  67. 2011年3月 [22]
  68. 2011年2月 [18]
  69. 2011年1月 [14]
  70. 2010年12月 [23]
  71. 2010年11月 [21]
  72. 2010年10月 [13]
  73. 2010年9月 [21]
  74. 2010年8月 [17]
  75. 2010年7月 [14]
  76. 2010年6月 [20]
  77. 2010年5月 [17]
  78. 2010年4月 [23]
  79. 2010年3月 [25]
  80. 2010年2月 [23]
  81. 2010年1月 [31]
  82. 2009年12月 [24]
  83. 2009年11月 [24]
  84. 2009年10月 [30]
  85. 2009年9月 [30]
  86. 2009年8月 [32]
  87. 2009年7月 [32]
  88. 2009年6月 [30]
  89. 2009年5月 [27]
  90. 2009年4月 [36]
  91. 2009年3月 [35]
  92. 2009年2月 [31]
  93. 2009年1月 [35]
  94. 2008年12月 [44]
  95. 2008年11月 [30]
  96. 2008年10月 [38]
  97. 2008年9月 [29]
  98. 2008年8月 [27]
  99. 2008年7月 [33]
  100. 2008年6月 [36]
  101. 2008年5月 [39]
  102. 2008年4月 [31]
  103. 2008年3月 [38]
  104. 2008年2月 [35]
  105. 2008年1月 [41]
  106. 2007年12月 [33]
  107. 2007年11月 [31]
  108. 2007年10月 [31]
  109. 2007年9月 [32]
  110. 2007年8月 [31]
  111. 2007年7月 [26]
  112. 2007年6月 [31]
  113. 2007年5月 [45]
  114. 2007年4月 [40]
  115. 2007年3月 [46]
  116. 2007年2月 [42]
  117. 2007年1月 [39]
  118. 2006年12月 [47]
  119. 2006年11月 [42]
  120. 2006年10月 [37]
  121. 2006年9月 [37]
  122. 2006年8月 [48]
  123. 2006年7月 [40]
  124. 2006年6月 [36]
  125. 2006年5月 [40]
  126. 2006年4月 [47]
  127. 2006年3月 [46]
  128. 2006年2月 [33]
  129. 2006年1月 [37]
  130. 2005年12月 [42]
  131. 2005年11月 [39]
  132. 2005年10月 [41]
  133. 2005年9月 [56]
  134. 2005年8月 [38]
  135. 2005年7月 [15]
  136. 2005年6月 [7]
  137. 2005年5月 [7]
  138. 2005年4月 [1]
  139. 2005年3月 [2]
  140. 2005年2月 [3]
  141. 2005年1月 [8]

Powered by Movable Type 5.2.3