『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』にガイア・我夢登場!アグル・藤宮も16年ぶりの変身!?

  • カテゴリー:
  • 円谷
●スポンサーリンク


風邪引いて寝込んでましたが、思わず飛び起きてしまう大ニュースキターー!\(^o^)/

orijin
(画像引用先:ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA 公式サイト)

amazonプライムビデオで好評配信中の『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』に
なんとウルトラマンガイア&アグルが客演決定!

ウルトラマンガイア ガイアよ再び [DVD]
ウルトラマンガイア ガイアよ再び [DVD]

我夢&藤宮くんが9年ぶりに帰ってくるーーー!


ソースはこちらの円谷ステーション様の記事。

『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』に高山我夢/ウルトラマンガイア、藤宮博也/ウルトラマンアグルが登場!2月13日(月)配信 第8話より | 円谷ステーション

2月13日(月)から配信を開始する第8話からは、ついに「地球編」に突入。
ベゼルブの群れが地球に襲来、それを追ってやってきたガイが出会ったのは、高山我夢/ウルトラマンガイア(演:吉岡毅志)と藤宮博也/ウルトラマンアグル(演:高野八誠)、二人の光の戦士だった!

いやー、新年早々水木一郎さんがこんな事を呟いてらっしゃってて、

『なんでガイさんたちと我夢たちが一緒にいるのって?』

気にはなってたんですけどね。

やはり共演っていう事でしたか。
実に嬉しいサプライズです!

吉岡毅志さん・高野八誠さんが、それぞれ高山我夢・藤宮博也として映像作品に出演するのは、映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』(2008年9月公開)以来となります。

とのことですが、あの映画では藤宮くんは変身しなかったので、
もし今回アグルに変身してくれるとすれば(列伝でのゲスト回をのぞき)
2001年のOV『ガイアよ再び』以来、16年ぶりの復活となるわけです。

青トラマンファンにとっては、待ちに待った復活劇といえそうですね。

円谷ステーションさんの記事では、
アグレイターを構えて、変身やる気満々の藤宮くんを見る事ができます。
これは大期待ですね!

しかし、超久々のガイア&アグルの共闘ですねえ。
個人的にはこないだプライムビデオで最終回を見返したばかりなので、
どんな戦いをみせてくれるのか、もうワクワクが止まりませんよ(^o^)

ガイア&アグルだけでなく、
祥平くんが実はアルケミースターズの一員だった
とかやってくれると更に嬉しいw

そんな『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』はamazonプライムビデオで独占配信中。
30日の無料体験は↓から。他にもウルトラ&特撮かなり充実してます(^o^)


●スポンサーリンク

円谷 / 最新5件のエントリー

 

Related Posts with Thumbnails

Comments [2]

No.1

明けましておめでとうございます。「エグゼイド」は10話から観るようになりました。

暗い刑事ドラマや闇金が主人公の映画を観て(もうウルトラマンは観なくてもいいや。)と思っていましたが(THE ORIGIN SAGAは大人でも楽しめる作品。)と監督がインタビューで仰っていたので観ようか迷っています。

「オーブ」を真面目に観たのは17話・18話・25話です。「ガイア」は真面目に観た回と断片的に観た回で別れていますがドラマパートを中心に観ると(コスモスが生まれたのはガイアのおかげだったのかもしれない。)と考えるようになったので、どんな復活をするのか楽しみです。

No.2

藤宮完全復活か~
超8の時は変身なかったもんねぇ

てか、あの映画のラストの続きが小説でもなんでもいいから見てみたいなぁー
あの映画のラストで旅立った彼らはどうなったんだろう?

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

Track Back

Track Back URL

このページの上部へ

管理人プロフィール

tubasa_profeel.png 管理人のツバサです。
ウルトラマンネクサスの大ファンです。
現在はウルトラマンギンガを応援しつつ、鎧武・トッキュウジャー・牙狼、その他BSCS特撮にVFX映画とあいかわらず見るモノためまくって消化が追いつかない毎日(苦笑)
期待の新作はもちろん夏公開の新ハリウッド『ゴジラ』だー!

ツバサの詳しいプロフィール

moegamecom内検索(google)

スポンサーリンク

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2017年1月 [26]
  2. 2016年12月 [34]
  3. 2016年11月 [37]
  4. 2016年10月 [42]
  5. 2016年9月 [25]
  6. 2016年8月 [29]
  7. 2016年7月 [33]
  8. 2016年6月 [31]
  9. 2016年5月 [27]
  10. 2016年4月 [35]
  11. 2016年3月 [37]
  12. 2016年2月 [31]
  13. 2016年1月 [34]
  14. 2015年12月 [50]
  15. 2015年11月 [28]
  16. 2015年10月 [28]
  17. 2015年9月 [33]
  18. 2015年8月 [34]
  19. 2015年7月 [35]
  20. 2015年6月 [34]
  21. 2015年5月 [35]
  22. 2015年4月 [31]
  23. 2015年3月 [42]
  24. 2015年2月 [30]
  25. 2015年1月 [43]
  26. 2014年12月 [44]
  27. 2014年11月 [37]
  28. 2014年10月 [28]
  29. 2014年9月 [24]
  30. 2014年8月 [29]
  31. 2014年7月 [35]
  32. 2014年6月 [39]
  33. 2014年5月 [37]
  34. 2014年4月 [30]
  35. 2014年3月 [30]
  36. 2014年2月 [35]
  37. 2014年1月 [35]
  38. 2013年12月 [33]
  39. 2013年11月 [32]
  40. 2013年10月 [35]
  41. 2013年9月 [34]
  42. 2013年8月 [40]
  43. 2013年7月 [53]
  44. 2013年6月 [40]
  45. 2013年5月 [35]
  46. 2013年4月 [47]
  47. 2013年3月 [43]
  48. 2013年2月 [41]
  49. 2013年1月 [43]
  50. 2012年12月 [42]
  51. 2012年11月 [33]
  52. 2012年10月 [31]
  53. 2012年9月 [44]
  54. 2012年8月 [24]
  55. 2012年7月 [44]
  56. 2012年6月 [51]
  57. 2012年5月 [29]
  58. 2012年4月 [17]
  59. 2012年3月 [15]
  60. 2012年2月 [20]
  61. 2012年1月 [22]
  62. 2011年12月 [24]
  63. 2011年11月 [26]
  64. 2011年10月 [24]
  65. 2011年9月 [25]
  66. 2011年8月 [34]
  67. 2011年7月 [33]
  68. 2011年6月 [25]
  69. 2011年5月 [26]
  70. 2011年4月 [23]
  71. 2011年3月 [22]
  72. 2011年2月 [18]
  73. 2011年1月 [14]
  74. 2010年12月 [23]
  75. 2010年11月 [21]
  76. 2010年10月 [13]
  77. 2010年9月 [21]
  78. 2010年8月 [17]
  79. 2010年7月 [14]
  80. 2010年6月 [20]
  81. 2010年5月 [17]
  82. 2010年4月 [23]
  83. 2010年3月 [25]
  84. 2010年2月 [23]
  85. 2010年1月 [31]
  86. 2009年12月 [24]
  87. 2009年11月 [24]
  88. 2009年10月 [30]
  89. 2009年9月 [30]
  90. 2009年8月 [32]
  91. 2009年7月 [32]
  92. 2009年6月 [30]
  93. 2009年5月 [27]
  94. 2009年4月 [36]
  95. 2009年3月 [35]
  96. 2009年2月 [31]
  97. 2009年1月 [35]
  98. 2008年12月 [44]
  99. 2008年11月 [30]
  100. 2008年10月 [38]
  101. 2008年9月 [29]
  102. 2008年8月 [27]
  103. 2008年7月 [33]
  104. 2008年6月 [36]
  105. 2008年5月 [39]
  106. 2008年4月 [31]
  107. 2008年3月 [38]
  108. 2008年2月 [35]
  109. 2008年1月 [41]
  110. 2007年12月 [33]
  111. 2007年11月 [31]
  112. 2007年10月 [31]
  113. 2007年9月 [32]
  114. 2007年8月 [31]
  115. 2007年7月 [26]
  116. 2007年6月 [31]
  117. 2007年5月 [45]
  118. 2007年4月 [40]
  119. 2007年3月 [46]
  120. 2007年2月 [42]
  121. 2007年1月 [39]
  122. 2006年12月 [47]
  123. 2006年11月 [42]
  124. 2006年10月 [37]
  125. 2006年9月 [37]
  126. 2006年8月 [48]
  127. 2006年7月 [40]
  128. 2006年6月 [36]
  129. 2006年5月 [40]
  130. 2006年4月 [47]
  131. 2006年3月 [46]
  132. 2006年2月 [33]
  133. 2006年1月 [37]
  134. 2005年12月 [42]
  135. 2005年11月 [39]
  136. 2005年10月 [41]
  137. 2005年9月 [56]
  138. 2005年8月 [38]
  139. 2005年7月 [15]
  140. 2005年6月 [7]
  141. 2005年5月 [7]
  142. 2005年4月 [1]
  143. 2005年3月 [2]
  144. 2005年2月 [3]
  145. 2005年1月 [8]

Powered by Movable Type 5.2.3