【動画】ウルトラマンオーブ/19話『私の中の鬼』無料配信&感想「"夢と現実"それでも前を向いて歩きだそう!」

  • カテゴリー:
  • 円谷
●スポンサーリンク


毎週末のお楽しみ『ウルトラマンオーブ』最新話無料配信情報&感想のお時間ですw

ウルトラマンオーブ Blu-ray BOX I
ウルトラマンオーブ Blu-ray BOX I

今回の第19話『私の中の鬼』、
もしかしたら個人的にはオーブの中で今のところ最高傑作になるかも...


『ウルトラマンオーブ』 第19話 「私の中の鬼」 -公式配信- - YouTube

それくらい、今の自分の気持ちにシンクロした話でしたね。
もう物語の中のキャップが他人事とは思えなくて(T_T)

おそらくテーマはtwitterでも呟いたように
夢を追い続ける事の厳しさ
だと思うのですが、それがまさに今の自分にドンピシャ(^_^;)

思わず3回も見返しちゃいましたよ。

他にも、いろいろホント語りたい思いがわいてきているのですが、
今超多忙でそれをまとめている時間が取れないのがもどかしい。

あとで余裕できたら追記するかもしんないですけど、
とりあえず「見た後前向きになれる」素晴らしい話だと思うので、
いろいろ壁に当たっている人はぜひ見てみてください。

ホント暗い心に光を指してくれますよ。
また歩きだす勇気を与えてくれる!

これだからウルトラマンって大好きなんですよね!

さて、また一生懸命に前を向いてがんばろうーーー!\(^o^)/

ということで、全然関係ないですが、

だって。

『シン・ゴジラ』など久々の怪獣特集の特ゼロXに、
06のウルトラマン50周年大特集パート2は長谷川初範さん、佐橋俊彦さん、會川昇さんが特ゼロ初登場!
果たしてどんな内容なのか?
もうちょっとで発表&予約開始らしいのでお楽しみにー\(^o^)/

B01LY1P15Oウルトラマンオーブ ウルトラ怪獣オーブ 08 戀鬼(紅蓮騎)
バンダイ 2016-11-05

by G-Tools

●スポンサーリンク

円谷 / 最新5件のエントリー

 

Related Posts with Thumbnails

Comments [4]

No.1

いつも「特撮ヒーロー作戦!」楽しませていただいています。麦粒です。

ツバサさんは今回の『ウルトラマンオーブ』第19話から歩き出す勇気を与えられたそうですが。
私は今回のエピソードに対してのツバサさんのツイートに勇気をもらいました。

自分も夢を追う生き方を選んだ人間なのですが。
周囲にそういう生き方をしている人があまりいないので、自分と同じ「夢を追う生き方」をしている人を知るとなにか「自分も頑張ろう」という気が湧いてきます。

そういったこともあって、今回のツイートはかなり自分にとって励みになるものでした。
なので一言お礼が伝えたかったので、ここにコメントさせていただきます(迷惑だったらすみません)。

本当にありがとうございました。
自分はこれからもツバサさんを応援するとともに、自分自身も頑張らせていただきます。

No.2

前回、前々回と感想を書き込むことができず、秘かに悔しがってる葛やです(ノД`)・゜・。

第19話は、評価が難しい回でした
短い尺で難しいテーマを取り上げたことを、「よくやった」とみるか「少し無理があった」とみるかで評価は分かれるような気がします
個人的には、「もう少し時間があれば、1つ1つの要素をもっと丁寧に描写できたのに」と凄く勿体ない印象を受けました

でも、ナオミの嫉妬心を“光と闇”という作品のテーマに絡めてきたのは凄い!
そして、闇を抱いて光になれることを知ったガイに「闇を抱えていない人間に世界を照らすことはできない」といわせる脚本の妙には只々脱帽です

・・・ところで錦田小十郎景竜さん出てきませんでしたね、ちょっと寂しい(´・ω・)

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

Track Back

Track Back URL

このページの上部へ

管理人プロフィール

tubasa_profeel.png 管理人のツバサです。
ウルトラマンネクサスの大ファンです。
現在はウルトラマンギンガを応援しつつ、鎧武・トッキュウジャー・牙狼、その他BSCS特撮にVFX映画とあいかわらず見るモノためまくって消化が追いつかない毎日(苦笑)
期待の新作はもちろん夏公開の新ハリウッド『ゴジラ』だー!

ツバサの詳しいプロフィール

moegamecom内検索(google)

スポンサーリンク

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2016年11月 [22]
  2. 2016年10月 [42]
  3. 2016年9月 [25]
  4. 2016年8月 [29]
  5. 2016年7月 [33]
  6. 2016年6月 [31]
  7. 2016年5月 [27]
  8. 2016年4月 [35]
  9. 2016年3月 [37]
  10. 2016年2月 [31]
  11. 2016年1月 [34]
  12. 2015年12月 [50]
  13. 2015年11月 [28]
  14. 2015年10月 [28]
  15. 2015年9月 [33]
  16. 2015年8月 [34]
  17. 2015年7月 [35]
  18. 2015年6月 [34]
  19. 2015年5月 [35]
  20. 2015年4月 [31]
  21. 2015年3月 [42]
  22. 2015年2月 [30]
  23. 2015年1月 [43]
  24. 2014年12月 [44]
  25. 2014年11月 [37]
  26. 2014年10月 [28]
  27. 2014年9月 [24]
  28. 2014年8月 [29]
  29. 2014年7月 [35]
  30. 2014年6月 [39]
  31. 2014年5月 [37]
  32. 2014年4月 [30]
  33. 2014年3月 [30]
  34. 2014年2月 [35]
  35. 2014年1月 [35]
  36. 2013年12月 [33]
  37. 2013年11月 [32]
  38. 2013年10月 [35]
  39. 2013年9月 [34]
  40. 2013年8月 [40]
  41. 2013年7月 [53]
  42. 2013年6月 [40]
  43. 2013年5月 [35]
  44. 2013年4月 [47]
  45. 2013年3月 [43]
  46. 2013年2月 [41]
  47. 2013年1月 [43]
  48. 2012年12月 [42]
  49. 2012年11月 [33]
  50. 2012年10月 [31]
  51. 2012年9月 [44]
  52. 2012年8月 [24]
  53. 2012年7月 [44]
  54. 2012年6月 [51]
  55. 2012年5月 [29]
  56. 2012年4月 [17]
  57. 2012年3月 [15]
  58. 2012年2月 [20]
  59. 2012年1月 [22]
  60. 2011年12月 [24]
  61. 2011年11月 [26]
  62. 2011年10月 [24]
  63. 2011年9月 [25]
  64. 2011年8月 [34]
  65. 2011年7月 [33]
  66. 2011年6月 [25]
  67. 2011年5月 [26]
  68. 2011年4月 [23]
  69. 2011年3月 [22]
  70. 2011年2月 [18]
  71. 2011年1月 [14]
  72. 2010年12月 [23]
  73. 2010年11月 [21]
  74. 2010年10月 [13]
  75. 2010年9月 [21]
  76. 2010年8月 [17]
  77. 2010年7月 [14]
  78. 2010年6月 [20]
  79. 2010年5月 [17]
  80. 2010年4月 [23]
  81. 2010年3月 [25]
  82. 2010年2月 [23]
  83. 2010年1月 [31]
  84. 2009年12月 [24]
  85. 2009年11月 [24]
  86. 2009年10月 [30]
  87. 2009年9月 [30]
  88. 2009年8月 [32]
  89. 2009年7月 [32]
  90. 2009年6月 [30]
  91. 2009年5月 [27]
  92. 2009年4月 [36]
  93. 2009年3月 [35]
  94. 2009年2月 [31]
  95. 2009年1月 [35]
  96. 2008年12月 [44]
  97. 2008年11月 [30]
  98. 2008年10月 [38]
  99. 2008年9月 [29]
  100. 2008年8月 [27]
  101. 2008年7月 [33]
  102. 2008年6月 [36]
  103. 2008年5月 [39]
  104. 2008年4月 [31]
  105. 2008年3月 [38]
  106. 2008年2月 [35]
  107. 2008年1月 [41]
  108. 2007年12月 [33]
  109. 2007年11月 [31]
  110. 2007年10月 [31]
  111. 2007年9月 [32]
  112. 2007年8月 [31]
  113. 2007年7月 [26]
  114. 2007年6月 [31]
  115. 2007年5月 [45]
  116. 2007年4月 [40]
  117. 2007年3月 [46]
  118. 2007年2月 [42]
  119. 2007年1月 [39]
  120. 2006年12月 [47]
  121. 2006年11月 [42]
  122. 2006年10月 [37]
  123. 2006年9月 [37]
  124. 2006年8月 [48]
  125. 2006年7月 [40]
  126. 2006年6月 [36]
  127. 2006年5月 [40]
  128. 2006年4月 [47]
  129. 2006年3月 [46]
  130. 2006年2月 [33]
  131. 2006年1月 [37]
  132. 2005年12月 [42]
  133. 2005年11月 [39]
  134. 2005年10月 [41]
  135. 2005年9月 [56]
  136. 2005年8月 [38]
  137. 2005年7月 [15]
  138. 2005年6月 [7]
  139. 2005年5月 [7]
  140. 2005年4月 [1]
  141. 2005年3月 [2]
  142. 2005年2月 [3]
  143. 2005年1月 [8]

Powered by Movable Type 5.2.3